使用方法

ご使用の前に

内容物が容器の中で分離しますので、細い棒などで良くかき混ぜてからご使用ください。Interference Color シリーズなど沈殿が激しいカラーでは特によく混ぜてご使用ください。

初めてご使用になる際には使用上の注意をお読みになってから作業してください。

UVレジンの着色

着色したいUVレジンにレジンカラーを混ぜて硬化させてください。5%添加(例:UVレジン10gに対しレジンカラー0.5g)を超えると着色による隠ぺいで硬化しない恐れがあります。20%添加を超えると異物混合による硬化阻害を起こす恐れがあります。

カラーによって異なりますが、下記を目安に濃度調整をしておりますのでご参照ください。
◆加工条件
直径20mm厚さ7mmの乳白色半球モールドにて、着色UVレジンを表裏それぞれUV5分照射で硬化

★添加量と仕上がりの様子
【5%添加】=表面は硬化し取り外しても形は維持されるが中の硬化は不十分
【1%添加】=充分に硬化

エポキシの着色

主剤、あるいは主剤+硬化剤の混合液にレジンカラーを入れてカラー調整してください。

10%を超える添加量の場合は【主剤+レジンカラー】に対し硬化剤の量を計って入れた方が硬化に影響が少ないです
例:【主剤:硬化剤=2:1のエポキシの場合】 主剤100g+レジンカラー10%(10g)=110g=硬化剤55g添加)

一般的なクラフト用エポキシ樹脂ではレジンカラーを多量に入れても硬化阻害は起こしませんので安心して調整してください。